Mehndi TARAは、2014年に東京を離れ、現在は関西地方で活動しています。


by henna-art-tara

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
メニュー
施術場所
イベント出店
料金
ギャラリー
プロフィール
ご予約・お問い合わせ
注意事項
Mehndi TARA ホームページ
メヘンディについて
より楽しむために
書籍・リンク
日常・インドのこと
お知らせ

外部サイト

メヘンディ タラ ホームページ
メヘンディ画像やイベント予定、メヘンディに関する情報などをまとめてご覧いただけます。

facebookページ
Mehndi TARAの最新情報を随時更新。メヘンディ画像やイベント予定をブログより早めにお知らせしています。

Twitter
サイト更新のお知らせや日々のつぶやきなど。


メヘンディ【ハート*フール】
名古屋市を中心に活動されているメヘンディアーティスト、スズケーさんのサイト。美しいメヘンディの画像集は圧巻。メヘンディに関する解説も充実しています。


The Henna Page
Catherine Cartwright-Jones さん主催のアメリカのヘナタトゥーサイト。無料でダウンロードできるデザイン集や書籍が豊富です。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。(C)Mehndi TARA since 2010-2015 All rights reserved.

最新の記事

ホームページ内にブログができ..
at 2017-04-14 00:50
今後の最新情報はFacebo..
at 2015-07-19 12:03
【tara自宅にて施術可能に..
at 2015-06-29 18:13

以前の記事

2017年 04月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月

最新のコメント

ちかっぺ、またどこかでカ..
by henna-art-tara at 21:17
TARAちゃんカレー食べ..
by ちかッぺ at 17:04
返信遅くなりすみません!..
by henna-art-tara at 23:48

タグ

(269)
(246)
(51)
(47)
(20)
(12)
(11)
(7)
(7)
(6)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
スピリチュアル

画像一覧

電気とインド、そしてヘナのこと。

たまには、日常のことも書いてみたいと思います。

でもそんなにお気軽な内容ではないかも・・・(^^ゞ


先日友人と、映画 「第4の革命 - エネルギー・デモクラシー」を観てきました。

d0223445_16432220.jpg






2010年にドイツでなどで放映され、ドイツを脱原発に向かわせたと言われているドキュメンタリーです。
ドイツは、2022年までに完全に原子力発電所廃止ということが議会で決まりました。
(現在のドイツでは、原発大国フランスから原発で作られた電気を輸入している事実はあるんですが、それがどうなるのかは私の知識では分からないです。)

でもこの映画、「原発がいかに危険か」とか、「放射能の恐ろしさ」を説く映画ではなく・・・

「再生可能エネルギー」の可能性について、知識を広めるための前向きな内容でした。


原発だけじゃなく、石炭、原油、天然ガスなどの限りある資源を利用した電気の生産でなくて、
「再生可能エネルギー」について現在どんな取り組みがされているか、その土地に合った方法でどう普及させられるかということに重点が置かれていました。
(詳しくは映画のHPを見てくださいね・・・http://www.4revo.org/

とはいえ、エネルギーシフトするにもいろいろな問題点は出てくるとは思うのですが・・・

日本でも今、大問題になっているこのこと。
で、これがどうヘナとインドと結びつくか・・・??
ちょっと独り言のような素人な内容なので・・・続きはMoreで・・・







じゃ、まず、インドと電気について。

私が最後にインドに居たのは2006年のことなので、今はどうかは分からないですけど、
首都デリーであっても、いきなり停電するんですよ!蝋燭と懐中電灯は必須でした。
電力供給がすごく不安定なんですね。


で、電力供給源をバンバン作っていく方針。原発も。

それに対する反発で、さらにフクシマのことを受けて、インドで2011年4月に原発建設反対の抗議活動・・・というより暴動があって、死者まで出ています。

d0223445_1643412.jpg


で、原発以外の発電所ではどうか?というと、インドは大きな河が多いので、あちこちにダムがあります。

こんな、インドのダムのイラストを集めたポスターが、文具屋さんで子供用に売っていたりします。

(←ちょっと、おもしろかわいいんだけど・・・)

ダムって、インドの近代化・発展の喜ばしい象徴の一部なんでしょうか・・・?

現に、今ではダムに観光に行くインド人も結構いるみたいで、ダムの上ではしゃいでいるインド人の映像がYou TubeでUPされてたりします。(素朴よね・・・)








私は2002年、聖なる河の一つ、ナルマダ河のほとりにある、小さなヒンドゥー教の聖地の村を訪れたことがあるんですが、小さな村ですから、首都デリーよりもずっと停電率は高かったです。
月明かりだけが頼りで夕ご飯を食べに行くということも。
そして、村人は超早寝、早起き。自然の光があるときが活動の中心でした。

山頂の遺跡から、上流を眺めたところ 2002年
d0223445_0163436.jpg


遠くまで広がるジャングルを超えて上る朝日 2002年
d0223445_15534273.jpg


その後、2005年に再びその村に行ってみたら・・・巨大なダムが建設中でした。
d0223445_1554860.jpg

私がこんなこと言うのは・・・電気を(危険をはらみながらも)不自由なく使える日本から、お気楽に旅に出て来た者が言うのはとても身勝手なことですけど・・・

実際、かなり心が痛みました・・・・初めてこの村を訪れたときの自然の美しさや、聖地独特の神聖な空気が、薄れてしまっているように感じました。

木々が茂ってカワセミが飛んでいた美しい河岸も、ブルドーザーが走り、見るも無残な姿に・・・。

それよりも。
ダム建設によって強制的に移住させられる住民もたくさんいます。しかも、十分な補償もされずに。
他の生き物も犠牲になるでしょうし・・・


ナルマダ河には他にもダムがいくつも作られる計画があります。
で、長年にわたって、ナルマダ河周辺の住民から、
ダム建設反対の活動は続いているんですが・・・現実は・・・。
インドだけじゃない、日本でも、同じことは行われているわけですが・・・。



2005年に泊まっていた村の宿のオーナーは、
「電気が自由に使えるようになるためには、ダムは必要だよ。」だそうです。

これは一つの意見であって、また違う考えを持っている人もいるとは思います。

が、このオーナーは、とてもまじめで、聡明な方であったからこそ、
この発言は忘れられないんです。


確かに、電力が不安定な生活って、本当に大変でしたから。実際。
中途半端な電力供給は、住民の生活の質をすごく左右していたと想います。



映画の話に戻りますが、この映画の中で、マリ共和国のある村には電気がなく、
診療所もうまく機能できないという状況が語られていました。

電気があるのが当たり前となってしまっている日本の私たち以上に、そういった電力難民の方たちにとっては、生活の向上のために、電力に対する期待が大きい面もあるのだと思います。

------------------------------------------★

で、ヘナとの関係は?

ヘナは現在では日本でも栽培されるようになってきていますが、
ヘナパウダーの、製造にだって電気は使われている。

今、手元にあるヘナパウダー、たった数袋とはいえ、全体の生産量で考えると膨大な電気・エネルギーが必要になっているんでしょうね。
それに、電気とは離れますが、現在、私たちが一般的に入手できるヘナパウダーは、遠い国からやってくるので、電気以外にも飛行機や船のための燃料も大量に必要だし。

「ヘナ!天然100%!カラダに優しい自然の恵み」とか売り文句はありますけど、
「限りあるエネルギーを使ってお届け」という側面もあるわけで・・・。

そんなの、ヘナに限ったことではない、モノという物は、そうやって、私たちのおウチにやってくる。

「モノ」だけじゃない。私たちの生活に必要な電気やエネルギーは、地球の肉から削り取られたもの。
アンパンマンみたいに、オーブンで再生できるようなものではないですよね。


------------------------------------------★


いつか、エネルギー革命が起こって・・・というか、もうすでにそういった取り組みは始まっています。
それにまつわる問題もどんどん出てくるとは思うけど・・・

私たちが生きている間に、エネルギー革命の規模が大きくなって、今までのエネルギーに関する常識が
ひっくりかえるようなコトが起こるかもしれません。

過去にご先祖様達がいくつもの時代を生きたように、
そんなこんな世界・時代に、私たちは生きているんだなあ~と、たまに思います。


------------------------------------------★

参考:
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPJAPAN-20725520110420
(ロイター通信 2011.4.20)

http://www.indochannel.jp/society/environ/04.html
(インドチャネル)

http://www.narmada.org/
(Friends of Narmada)

http://www.jacses.org/sdap/omkare/problems.htm
(「環境・持続社会」研究センターJACSIS)
[PR]
by henna-art-tara | 2012-02-16 23:46 | 日常・インドのこと | Comments(0)