「ほっ」と。キャンペーン


Mehndi TARAは、2014年に東京を離れ、現在は関西地方で活動しています。


by henna-art-tara

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
メニュー
施術場所
イベント出店
料金
ギャラリー
プロフィール
ご予約・お問い合わせ
注意事項
Mehndi TARA ホームページ
メヘンディについて
より楽しむために
書籍・リンク
日常・インドのこと
お知らせ

外部サイト

メヘンディ タラ ホームページ
メヘンディ画像やイベント予定、メヘンディに関する情報などをまとめてご覧いただけます。

facebookページ
Mehndi TARAの最新情報を随時更新。メヘンディ画像やイベント予定をブログより早めにお知らせしています。

Twitter
サイト更新のお知らせや日々のつぶやきなど。


メヘンディ【ハート*フール】
名古屋市を中心に活動されているメヘンディアーティスト、スズケーさんのサイト。美しいメヘンディの画像集は圧巻。メヘンディに関する解説も充実しています。


The Henna Page
Catherine Cartwright-Jones さん主催のアメリカのヘナタトゥーサイト。無料でダウンロードできるデザイン集や書籍が豊富です。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。(C)Mehndi TARA since 2010-2015 All rights reserved.

最新の記事

今後の最新情報はFacebo..
at 2015-07-19 12:03
【tara自宅にて施術可能に..
at 2015-06-29 18:13
ジャグアタトゥーをメニューに..
at 2015-06-29 12:07

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月

最新のコメント

ちかっぺ、またどこかでカ..
by henna-art-tara at 21:17
TARAちゃんカレー食べ..
by ちかッぺ at 17:04
返信遅くなりすみません!..
by henna-art-tara at 23:48

タグ

(269)
(246)
(51)
(47)
(20)
(12)
(11)
(7)
(7)
(6)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
スピリチュアル

画像一覧

カテゴリ:ギャラリー( 138 )

稲妻・紫 thunder&purple

自宅にお客さんが来てくださいました。

「子供のころ、マンションの屋上から見た稲妻が網目状に光っていたのがすごく印象的でした。」とのことで、キラキラ多めのデザインで、と。

「空が不思議な紫色で。その色がとても綺麗だったもを覚えています。」

わたしも、雷が来たときのあの雲の色が好きです。
黒でも白でもグレーでもない、何の光を帯びているのか、妖しげな紫。
日常から非日常に入れ替わる、緊張感。遠くで雷鳴が聞こえる。
遠くの落雷が見える。
あっという間に頭上に雷雲がやってきて、怖いような、楽しいような。

雷の美しさについて語りながら、描いたメヘンディです。

d0223445_22363374.jpg

[PR]
by henna-art-tara | 2015-06-25 22:42 | ギャラリー | Comments(0)

マタニティ・メヘンディ ペイント編

前回の、マタニティ・メヘンディ 準備編の続きです。

準備では妊婦さんに対しての対応の確認と、衣装の準備、大きなお腹に描くときのイメージトレーニングをしたりしました。

そして迎えたペイント当日。

今回は出張ペイントだったんですが、お宅が本当にすてきな場所で。
妊婦さんの旦那様のおじいさんが設計したそうなんですが、螺旋階段があったり、広いガラス窓の先には新緑と花の咲き乱れる庭が広がっていて・・・

さてさて。
まずはどんなメヘンディにするか、妊婦さんと打ち合わせです。
ご希望は、「宇宙」 とのこと!

しかし宇宙とはどんな宇宙にしよう!?

通常のペイント時もそうですが、お客さんとお話したり、服装の好みなどを見て、お客さんとわたしのイメージをできるだけ近づけられるようにしています。その上で、わたしの個性を活かしたメヘンディに仕上げます。

Mehndi TARAの過去作品のサンプル写真を見ながら、気に入った模様やモチーフを教えてもらいます。
お花はこういう花弁の形がいい、とか、全体的にとんがりすぎているよりも優しいイメージで、とか。

結果、曼荼羅やチャクラのような、花びらが遠心状に広がっていく模様がいいことと、お花もあしらうことに決定。
こうして妊婦さんのイメージとわたしのイメージを詰めていき、あとは描きながらアレンジしていきます。

ソファに楽な姿勢でかけてもらい、ペイント開始。
使うヘナペーストは、刺激のないように精油などは一切入れていません。水とレモンを少量と、ペーストの割れを防ぐための砂糖だけです。

ときどき、赤ちゃんが動きます。時にはキックしてるんじゃないかというくらい、ぼこっと。
わたしの顔はお腹から10センチくらいしか離れていないし、常にお腹に手が触れているので、静かなときと動くときのリズムをずっと間近に感じました。

数時間お腹に密着してたわけですけど、こんなことなかなかないですよね。なんだか感慨深いですね。生まれてこの子と会うことがあったら、わたしもほんとうれしい・・・

時々、姿勢を変えたり休憩を挟んだりして、できるだけ妊婦さんが疲れないように進めていきます。

そして二時間半くらいでペイント終了。

あとは撮影です。
衣装となる布を選んでもらいます。
トップスもボトムも布を巻くだけなんですが、ちょっとしたコツできれいにドレープができるんですよね。

そしてあとはカメラマンさんにバトンタッチです。
機材や道具のセッティングをして、自然光を活かせるうちに撮影。
ペイントと撮影となると妊婦さんも疲れが出てきてしまうので、ペイントも撮影も手際よくしなければですね。
d0223445_2332885.jpg


お昼ごろから始まった会は、夕方前には終了。

出来上がったメヘンディが、こちらです。
※写真はわたしが撮ったものです。
カメラマンさんの撮ってくださった写真が、本当に美しくて。
またわたしのHPでも発表できればと思っています。

d0223445_0203361.jpg

d0223445_0204377.jpg


妊婦さんお疲れ様でした!

こんな感じで、わたしのはじめてのマタニティメヘンディのペイントが終わりました。
大切な思い出に立ち会えるのって、いいですね!わたしにとっても素敵な一日になりました。

Mehdi TARAでも今後、マタニティメヘンディをメニューに追加しますので、改めて告知しますね。
[PR]
by henna-art-tara | 2015-06-05 23:53 | ギャラリー | Comments(0)

マタニティ・メヘンディ 準備編

五月の始めの新緑の美しいころ、妊娠八ヶ月目の大きなおなかの妊婦さんにマタニティ・メヘンディをお描きしてきました。
雑誌・書籍で活躍しているプロのカメラマンさんに撮影もしていただきましたよ。

実は、わたしメヘンディ活動5年目なのですがマタニティメヘンディを描くのは今回が初めてだったんです。なので、ご依頼をいただいてからやることがいろいろとありました。

すごく楽しみなのですが、初めてだからこそちょっと心配も。
特に今回のご依頼主さんは、双子並みの臨月と周囲からも言われるくらい大きなお腹だそうで、歩くのも結構大変とのこと。メヘンディを描くあいだ1時間以上あまり姿勢を崩せないので、その点どうなのかなとか・・・。わたしは妊婦になった経験がないので、妊婦さんの体の繊細さとか実感としてわからないですからね。

そういう妊婦さんに対して気をつける点を、マタニティ・メヘンディを描いている先輩アーティストさんに意見を聞いたり・・・
結果、その点は妊婦さん次第ということで。なので妊婦さんに当日一時間以上動けないことや、途中遠慮なく休憩を希望してほしいことなどを伝えました。

あと、撮影もあるので衣装の準備もしなければ!

妊婦さんのイメージを聞いていく中で、衣装はシンプルに布を体に纏うことになりました。
高価な衣装でなくて、むしろわたしは布を巻いた自然な感じが好きなのもあり、今後も使えるようにいろいろな素材・色の布を、布地問屋街で何枚も仕入れました。

あとは、普段描かない大きく立体的なお腹にどう模様を広げていけばいいか?それも初めてです。
世界中のメヘンディ画像をたくさん見て、当日スムーズにコーンを運べるようにラフ画を起こしてみたり。
模様の細かい希望は、妊婦さんとサンプル写真を見ながら直接お話した方が希望がわかりやすいので、当日相談しながら決めることにしました。

こうしてちょっとドキドキしつつ、当日を迎えました。

この続きは、ペイント編に続きます。

d0223445_222362.jpg

[PR]
by henna-art-tara | 2015-06-02 14:41 | ギャラリー | Comments(0)

ハーベストフリーマーケットに出店しました。

先週水曜日は尼崎市の公園で行われた、ハーベストフリーマーケットに出店しました。
関西に来てはじめての大きめのイベントで、たくさんの方に立ち寄っていただきました。

メヘンディははじめてで、お試しのワンポイントデザイン(500円)をご希望の方がという方が多かったです。
とはいえ、数年前と比べてメヘンディの認知度があがっているのを、最近とても実感しています。

イベント時にはお試しサイズで気軽に体験していただけるので、はじめての方もお気軽にお越しくださいね。

d0223445_1455782.jpg
d0223445_1463180.jpg

[PR]
by henna-art-tara | 2015-05-04 01:55 | ギャラリー | Comments(0)

なぜわたしはメヘンディを描くのか、その理由のひとつ。

寒の戻りで体感的には真冬の寒さの春先の水曜日、暖房をきかせてはいるものの、布一枚まとわず、メヘンディ・アーティスト二人が裸になってメヘンディを描き合い、撮影もしていただいてきました。

メヘンディを描き合う相手はマエダナツコさん、撮影は高田一樹さん。
実はこの企画は二回目なのです。

d0223445_221461.jpg

model maeda
photo tara

ひょんな発想から生まれたヌード・メヘンディ撮影会なのですが。
普段は腕など小さい範囲に描くことが多い中、マエダさんと本気で一日中、体とメヘンディに向き合うわけで。
その合間に撮影も入り、メヘンディ完成後も数時間撮影が続きます。今回も、撮影の翌日は寝込んでしまうくらい体力も気力も使い果たしました・・・!

それでもやる意義があるんですよね!

体全体を土台にして描かれたメヘンディの迫力もあるけれど、なんだろう、それ以上に感じるものがある。

こうして、メヘンディを描いていると、人の体に向き合います。
そして描かれるときは自分の体の存在も、まざまざと感じます。

わたしはメヘンディで、自分の中の弱さと強さ、その両方を表現している気がする。
そしてこの体、女の体の非力さに、男のような強さを与えたい。

そして今回のようにマエダさんに女性らしいしなやかで艶のあるメヘンディを描いてもらった。
そのことで、自分の中の女性性を感じたりもする。

わたしはメヘンディで何にでもなれるのだ。

メヘンディは、紙に絵を描くのとは違うから。
体に模様を描くときも、描かれるときも、「体と生き様」を感じずにはいられない。

メヘンディを描くことで少し心が安定するのは、表現することで自分にないものを手に入れるような、そして弱さも同時に癒せるような、そういう感覚があるからかもしれない。

だからこそ、少し自分の中の痛みに触れる、刺激的な、何か中毒的なものもあるのかもしれないですね。
なんでだか、認めたくないんだけども。

少し、切ないような、痛いような。

d0223445_22253969.jpg

model maeda
photo tara
[PR]
by henna-art-tara | 2015-04-13 17:31 | ギャラリー | Comments(0)

信頼関係について

メヘンディを描くときは、描かれる側の人と、描く側の人との信頼関係があってこそと思います。
人の肌に触れて描き、消えるとはいえ肌にヘナの痕跡を残すわけで。

信頼していただくための具体的なことは、丁寧に描く事と、できるだけ刺激の少ない方法できれいに染めることです。
けどなんというか、こういう技術的なことってあたりまえのことですよね。

それに加えてわたしが一番意識しているのは、技術的なこと以上に「心」のことな気がします。
表現難しいですけども…

d0223445_15231814.jpg
すべてのおきゃくさんや身近な人にに描くとき、「信頼関係」を感じあえるとうれしくなります。

特に深いつながりを感じる人に描くときは、お互いに愛を循環しあっているような、そしてお互い元気になるような、そんな感覚さえもありますよ。




[PR]
by henna-art-tara | 2015-04-06 15:25 | ギャラリー | Comments(0)

人生の節目に

d0223445_17425974.jpg


暖かくなってきて、メヘンディの季節が近づいてきたましたね。
ご自宅への出張で、メヘンディを描かせていただきました。

依頼してくださったおきゃくさまは、去年まで数年もの間、とても大変な時期を過ごされていたそうです。
しかし、最近になって先が見え始めてきた、とのこと。
この人生の変化のときに、念願のメヘンディができた、と。

メヘンディをしにきてくださる方それぞれに、
内に秘めたストーリーがあって、時にはその思いを語ってくださいます。

あ、もちろん、メヘンディをシンプルに楽しみに来てくださるだけでも、いいですからね^^
[PR]
by henna-art-tara | 2015-03-14 22:57 | ギャラリー | Comments(0)

大雪 at bar bonobo

先週土曜日は、イベント「空の紫vol. 20 at bar bonobo」でした。

大雪ということもありお客様も少なかったのですが、その分ノンビリお描きすることができました。
雪の中お越しくださった皆様、ありがとうございました!

雪の重みで崩壊してしまったテラスの屋根…キャンドルアーティスト、トウノワさんがいい感じに照らしてくれましたよ。
d0223445_15511039.jpg
現在もまだ、大雪で大変な自体になっている地域もあります。
一刻も早く復旧することを祈っています。


[PR]
by henna-art-tara | 2014-02-18 16:05 | ギャラリー | Comments(0)

at 3G elementさん

ゆるゆるとスタートした2014年のメヘンディ。
が、出張先のさいたま市大宮区のボディピアッシングスタジオ3gelementさんではがっつりと一日中描きまくりました!どっぷりメヘンディに漬かれた日は、なんともいえない充実感が・・・。

3Gさんはボディピアスのスタジオなので、お店の雰囲気とか綺麗なディスプレイとか清潔感とか、しっかりこだわっていらして。

TARAは自分のサロンを持っていないので、こういうちゃんとデザインされた空間って集中できるな・・・お客さんも楽しいだろうな~!・・・と思いながら、私自身、心地よくお描きしたのでした。



目!目!!
d0223445_19545083.jpg


三重の三角は、お客さま考案のデザイン。それに蛇が巻きつくように・・・と。
三角の直線と蛇のグネグネの組み合わせが新鮮な感じになりました。
d0223445_19551510.jpg


みっちり、埋めるように。描きごたえありました!
d0223445_19554158.jpg



3Gさんブログにしか載っていない、TARAの珍しい?ゆるメヘンディもありますのでぜひご覧くださいね。
http://3gelement.blog.fc2.com/

そして今週土曜の夜は恒例の「空の紫@bar bonobo」です。
今回はキャンドルアーティストさんが会場を灯してくれますよ。ナチュラルインセンスと美味しいご飯ともあります。夕暮れの中、ぜひbonoboにお越しくださいませ~。
[PR]
by henna-art-tara | 2014-02-12 14:55 | ギャラリー | Comments(0)

今年の未公開メヘンディ写真

大晦日ですね。

東京は清々しい天気で、大掃除の残りを気持ちよく終わらせました。
みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

今年は、メヘンディ活動を続けてきた中で一番たくさんのメヘンディをお描きしました。
もう数え切れないくらいたくさん描かせていただきまして、本当に楽しかったし、嬉しかったです!

どうしてそんなに楽しくて嬉しいか、というと。
もちろん描く作業自体も好きですが、メヘンディは人対人、相手あってこそ成り立つものだからです。

そこには必ず人としてのコミュニケーションが生まれるし、そのことが本当に好きで。
描いた数日後、気に入っているよ~というお言葉をもらうこともあり、そうすると私ほんとメロメロです。

ではでは、Web上未公開のメヘンディをご紹介して、今年を締めさせていただきます~




こちらは私がメヘンディの活動を本格的に始めるきっかけを作ってくれたカフェののスタッフさん。
お店の5周年記念メヘンディでした。
d0223445_1675661.jpg


こちらのお二人には公園出張してお描きしました。
肌寒い季節でしたが、時折射す日差しの温もりが心地よかったな~
d0223445_14224188.jpg
d0223445_14222120.jpg


いつも来てくださるこちらのお客さんにも、野外のイベントでお描きしましたね。
d0223445_1683596.jpg


これは、少し前に自分に描いたメヘンディ。
自分勝手に好きなように描くのと、お客さんと話してデザインを決めていくのとではやはり全然違うものができます。一人一人の望むイメージも違えば、それぞれ体の形が違うので、メヘンディってほんと一期一会です。
d0223445_1422261.jpg


そして、なかなかご注文のない「縄文」文様。
職業は「魔女」というLUMITANさんへ。
私なりにかなりアレンジしていますが、縄文の土器や土偶そのものや、その文様やには、
縄文人の世界観、スピリットが込められています。そこに私はすごく思い入れがあって。
縄文について色々語りながらお描きしました。
d0223445_12574943.jpg


そして最後に。
今年発売されたメヘンディデザイン帖に、私も参加させていただきました。
グラビアページに染まった状態の腕の写真がありますが、こちらは描いた直後に撮ったもの。
染まった色とペーストの黒色とでは印象が違いますね。
見る角度によってもイメージが違うのも、平面の絵を楽しむのにはない醍醐味。
d0223445_16331858.jpg
d0223445_1633581.jpg


2013年はとても忙しい年でした。
お客さまや周囲の人たちが応援してくださり、支えてくれて、そのおかげでメヘンディも続けることができたし、生き抜くことができました。私は豊かに生きていると、心底実感した年です。

今年も本当にありがとうございました。
来年も、みんなが幸せでありますように。
私も幸せでありますように。

では、よいお年を!
[PR]
by henna-art-tara | 2013-12-31 17:12 | ギャラリー | Comments(0)