「ほっ」と。キャンペーン


Mehndi TARAは、2014年に東京を離れ、現在は関西地方で活動しています。


by henna-art-tara

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
メニュー
施術場所
イベント出店
料金
ギャラリー
プロフィール
ご予約・お問い合わせ
注意事項
Mehndi TARA ホームページ
メヘンディについて
より楽しむために
書籍・リンク
日常・インドのこと
お知らせ

外部サイト

メヘンディ タラ ホームページ
メヘンディ画像やイベント予定、メヘンディに関する情報などをまとめてご覧いただけます。

facebookページ
Mehndi TARAの最新情報を随時更新。メヘンディ画像やイベント予定をブログより早めにお知らせしています。

Twitter
サイト更新のお知らせや日々のつぶやきなど。


メヘンディ【ハート*フール】
名古屋市を中心に活動されているメヘンディアーティスト、スズケーさんのサイト。美しいメヘンディの画像集は圧巻。メヘンディに関する解説も充実しています。


The Henna Page
Catherine Cartwright-Jones さん主催のアメリカのヘナタトゥーサイト。無料でダウンロードできるデザイン集や書籍が豊富です。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。(C)Mehndi TARA since 2010-2015 All rights reserved.

最新の記事

今後の最新情報はFacebo..
at 2015-07-19 12:03
【tara自宅にて施術可能に..
at 2015-06-29 18:13
ジャグアタトゥーをメニューに..
at 2015-06-29 12:07

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月

最新のコメント

ちかっぺ、またどこかでカ..
by henna-art-tara at 21:17
TARAちゃんカレー食べ..
by ちかッぺ at 17:04
返信遅くなりすみません!..
by henna-art-tara at 23:48

タグ

(269)
(246)
(51)
(47)
(20)
(12)
(11)
(7)
(7)
(6)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
スピリチュアル

画像一覧

カテゴリ:日常・インドのこと( 31 )

2015

あけましておめでとうございます。

元旦は自宅近くのお寺から初日の出を拝みました。

日の出時刻を過ぎても、太陽がなかなか雲から顔を出さなくて。北風がビュービュー吹く中、30分くらい待ったかな…足が霜焼けになっちゃいました。

ようやく太陽が見えた時の達成感ったら、もう。元旦からがんばった!わたし!

今年もがんばっていきます。もちろん楽しみながら、ね。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



d0223445_19401410.jpg
d0223445_19403578.jpg

余談ですが…
わたしは普段あまり占いを見ないんだけど、新年スタートということで久々に占いを見てみました。ちなみにおみくじはまだひいてません。

友達のオススメの占いと、知り合いの占星術をやっている方の新聞記事。

今年は、夏までは以前の運の下降が再現されるような結構大変な時期らしい。で、秋以降は特に創造の面で一気に上昇するそう。夏までの運の停滞は秋以降にアガるのに欠かせない、重要なプロセスなんだって。

そして、2014年の最後の週は、今まで遠いところの物事だと思っていたものが、実は自分に近いもの・元々持っているものだということに気づく過程が始まる、その幕開けの週であったそうで。

今までの経験からいいものを生み出せるのかな。よかった経験も辛かった経験もあってよかったと、実感として感じられたら素晴らしいな。そして自分の中にも考えだか感覚だかのなんか新たな自覚が生まれる予感。内面が豊かになるのはうれしいな。

長い余談でした。


[PR]
by henna-art-tara | 2015-01-01 19:39 | 日常のこと・インドのこと | Comments(0)

2014年、ありがとうございました。

今年は、春からの活動休止や引越しなど、一年を通してどたばたな年でした。
メヘンディを描くことや、メヘンディを通して出会った人たちに囲まれほんとうによかったと、心底感じた年でもありました。

少し寝ぼけたり酔っ払ったりのこんな頭で、たくさんのことを振り返っています。
なんだか濃すぎて、言葉が思いつかないなあ・・・
ということで、すっごく簡単ですけども。

みなさま今年もありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

来年は1/7(水)からの予約受付となります。
よろしくお願いします。
[PR]
by henna-art-tara | 2014-12-31 21:07 | 日常のこと・インドのこと | Comments(0)

ぐるぐる春分祭りにて

先週金曜日の祝日は、鎌倉で行われた「ぐるぐる春分祭り 」でメヘンディをお描きしました。

d0223445_21533655.jpg
 古書店の隣で共同出店。春の光がきらきら降り注ぐ会場で、のんびりスタート。

d0223445_21520012.jpg


のんびり…していたところ、急にお客様が増え、午後からは休む間もなく描きつづけていまして。
メヘンディの写真は撮れず、会場の写真の殆ども友人からの借り物です。
なので今回のブログは、私のイベント楽しかったよレポートになってしまいそうですが。

このお祭り、実は私とっても楽しみにしていました。
不用品を売るフリマでもないし、よくある手作り市とも違って、出展者はみんなお店を持ってプロとして活動している人達ばかり。しかもそのすべての品や技が、「自由料金制」や「物々交換」で回るんです。

ただ単に好きな額を払えばいいわけでなく、お客さんとお店の双方が納得する額を、お互いの熱意を語ったりして決めていく。そうすると、お互いどこの誰だかわかんない人同士だったのが、一気に距離が縮まって笑顔が自然と出る。しかもちゃんと質の高い商品ばかり。

他にもおもしろいコンセプトあるんですが、そんな感覚のもとに集まった人達はやはり面白い人ばかりで。

メヘンディが空いた時間は、マイカップ・マイ箸を持って会場をぐるぐる。
みんなの業が、持ってきたものがそのまま「お代」となって、ぐるぐる回る。

見てください、これ、パンです↓
d0223445_13163237.jpg

photo from facebook page of ぐるぐる

d0223445_22015959.jpg

神社みたい。お賽銭入れもあります。

パラダイスアレイ という、鎌倉のパン屋さん。オーナーさんにメヘンディをお描きして、その「お代」としてでっかいパンを頂きました(この神社パンではないですよ)。
美味しさもさることながら、メヘンディ好きな方ならこのお店のパンの「模様」に萌えるはず…

d0223445_21561244.jpg


メヘンディの「お代」にカフェオレをいただいたりもしました。ほっこりあたたまりました~

日常生活ではほとんど一方通行な「お買い物」に、コミュニケーションが生まれるっていいなあと。
普通のフリマ以上に、つっこんだコミュニケーションもありましたしね、普段の生活のありかたまで改めて考えさせられる、面白いイベントでした。

鎌倉のいきいきとした街の雰囲気と、春の陽気のおかげもあったのかもしれませんね~
d0223445_21554117.jpg

[PR]
by henna-art-tara | 2014-03-24 16:21 | 日常のこと・インドのこと | Comments(0)

南インドのミールス(定食)

この間、メヘンディ友達のマエダさんKOBUさんmitoさんと4人で「インドカレーを食べる会」をしました。
私はインド料理を作るのも好きで、イベントなどへのケータリングもたまにしたりしています。 今回の出張場所はマエダさんのサロン。
マエダさんたちの「カレー食べたい!」という思いに端を発し実現。みんなが本気なら、私も本気になります!

カレーの前には、KOBUさんが差し入れしてくださったクッキー。
d0223445_11403424.jpg
…この、「クッキー」という響きがゲシュタルト崩壊起こしそうな「くっきー」たち。 このチョイス!だから私、KOBUさんのメヘンディや話す言葉が大好きなのだと思う。 


女が集まるとおしゃべりは炸裂で、あっという間に時間は過ぎご飯が炊けたところでカレーの時間。
d0223445_9283287.jpg
photo by Maeda 

これは、インドでも南の地方でよく食べられている「ミールス」という定食です。

南インドのでは昼ごろになると街中の食堂の前に「Meals Ready」という看板が出されます。
旅していたとき、この看板が出ているのを見つけては、ミールスにありついたのでした。

看板はアルファベットでなく現地の言葉で書いてあることもありました。
ひとくくりに南インドと言っても州によって言語も文字も違うのですが、私はこの「ミールス」という単語だけは読めましたね…。

 
d0223445_928447.jpg
photo by Maeda

 ~お品書き~ タミルナードゥ州風

カリフラワーのサンバル(酸味のある豆入りカレー)
ラッサム(胡椒とトマトのスープ)
人参のクートゥー(ココナツミルク煮込み)
パパド(豆の薄焼きせんべい)
玉ねぎのアチャール(辛い漬物) 
デザート:バナナのパヤサム(ココナツ味スイーツ)

それぞれの料理は単品でももちろん美味しく食べれるんですけど、インド式ではこれら全部をプレートの上でミックスして食べます。ヨーグルトや漬物でさらに味に変化を付けるのも最高。パパドをパリパリと砕いて加えると食感にも変化がつく。だから、カレー3種類×自分の好みで無限大の味を作れるんですよ。

 今回はみんな手で食べました。手で食べると、なんでしょうね、「五感」の触感が敏感に働くのかな?より美味しく、というか脳みそが喜ぶ感じです。

「おいしい!」のその言葉に、やられました。食べてもらえるって、最高に嬉しい!

このあと、写真はないのですがmitoさんの差し入れのおしゃれなケーキまで頂きました。
(ケーキの写真はマエダさんのもう一つのブログにてどうぞ)

色々な感覚を味わって、お腹だけでなく脳みそも満腹になった夜でした。



[PR]
by henna-art-tara | 2014-02-28 19:06 | 日常のこと・インドのこと | Comments(0)

用の美

メヘンディとはあまり関係ない話です。ちょっと独り言かもしれません。

私がメヘンディ以外で大好きなことの一つは、美術館や博物館に行くことです。
館内に入ると、意識が日常生活から離れて、その世界を数時間、旅することができるのがいいんです。

このあいだは、日本民藝館で開催されている「柳宗悦の茶と美」展に行ってきました。
ここで、メヘンディとは全く違う・・・というより間逆?な「美」の世界に触れてきましたよ。

展示物は、茶道具、皿や香炉などなど。釉薬が流れてつやつやしていたり、ざらざらしていたり。常設展では着物や櫛などの品々も見ることができました。そのどれもに共通していたのは、シンプルで手に馴染みそうなかわいいものたちばかり、ということ。

d0223445_9353314.jpg


この柳宗悦という人は明治生まれで、プロダクトデザイナー柳宗理の父です。「民芸品」って今では普通に耳にしますが、この「民芸」という言葉とその思想を広めた一人。民芸品とは、食器、衣服、筆記具や家具など、民衆・いわゆる私たち誰もが日常的に使う物を指します。

民芸品から美しくーーーというのが柳宗悦の言ってることですが、どうして民芸品こそ美しくなければいけないのか?それってどんな「美」?

柳宗悦の書いた「民芸の趣旨」(1933年)という本を読んでみました。私のつたない理解力でですが・・・
この本によると、民芸品に滲み出ている「美」は “ 用途への誠実から湧いてくる ” のだそうです。

d0223445_11454649.jpg


民芸品とは、“ 使いよく便宜なもの、使ってみて頼りになる眞實(真実)なもの、共に暮らしてみて落ち着くもの、使へば使う程親しさの出るもの” だそうです。質素であっても粗悪ではいけない。豪華なものでもない。優劣を評価するものでもなく、使うことに誠実に作られたもの。それが「用の美」というもの。

「美しい物」は特定の作家の創った美術品として、生活から切り離されたところにあるけれど、民衆の美意識を豊かなものにするためには、日ごろ使う物が美しくなければならない。

また、粗悪で醜悪な物(質の悪い工業製品など)が蔓延してきているため、民衆の美意識が育たないだけでなく、物を粗末に扱うようになってきている。工業製品を作る過程では、作り手その人自体もが粗末に扱われるようになる。

そして茶道は「見る事」から「用いる事」へ道を一歩深めたものなのだそうです。

などなど・・・まだまだ勉強が必要な深い思想ですけど。戦前からこういうことは言われてきていたのですね。今の時代に聞いてもすごくしっくりきます。
日常生活の中で、注意深く観察していれば、そういったものにも出会うことができるけれど、なかなかないです。

できれば「用の美」を追求したものを手元に置きたいけれど値段が張るし・・・

あと、心に残った言葉の一つ。
“ 読者よ、此世には異常なものより通常なものの方が、遙かに意味深い場合があるのを知って下さい。”

メヘンディってある意味 “ 異常 ” というかとても奇妙なものだと思います!日本でのメヘンディは、毎日の生活で日常的に「使う」ものでもないしオプション的な「美」です。

メヘンディの美とはまったく別の美の概念に触れた日なのでした。

※でも実はよくわかります。普通こそが意味深いものである、ということ。たぶん。
[PR]
by henna-art-tara | 2014-02-24 20:34 | 日常のこと・インドのこと | Comments(0)

新年

明けましておめでとうございます。

d0223445_20493314.jpg


写真は2002年1月に撮った写真です。
場所はインドの聖地、バラナシ。ガンジス川の対岸から昇る朝日です。

12年前この地で、私はメヘンディに出会ったのでした。

今年も、Mehndi TARAを宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by henna-art-tara | 2014-01-04 21:02 | 日常のこと・インドのこと | Comments(0)

苦手を克服する会

ここしばらく、メヘンディの出張やイベント、さらにインドカレーの出店など、いろいろと活発に動いていました!

その間に、メヘンディ友達のマエダさんmitoさんと3人で「苦手を克服する会」を、マエダさんのサロンでやったりもしてました。

それぞれ、苦手なモチーフってあるんですよね。

私は「蝶」が苦手。
マエダさんは「月」、「目」など。
mitoさんは「月」と「ヤモリ」を描いてみたい・・・と、それぞれ。

そのモチーフを、得意な人はどう描いているか実演したり、模写したりしました。

こちらはマエダさんが、TARA柄の「月」を描いているところ。
d0223445_15291575.jpg


そして私は蝶に挑戦。

見てください、紙の上の方のやる気のない蝶・・・笑
(と、落書きの孔雀。こんなんはお客様には描きませんのでご心配なく・笑!これはほんと「遊び」です・・・)
d0223445_21442025.jpg

マエダさんは蝶の図鑑を見ていろいろな蝶を描いてきてて、
その中から私好みの、ちょっとワイルドな「蛾」っぽい蝶の見本を見せてくれました。
それを私が模写・・・したのが一番下の蝶です。だいぶよくなったでしょ?笑

そして、家に帰るなり復習として自分に蝶を描いてみました。
d0223445_15331390.jpg

まだまだですが、これからTARAっぽい蝶に進化させていけるんではないかな、と思います。

こうして、人の描くものを模写してみると、はじめは元の作者の色が出ていても、だんだんとそのモチーフが自分のものとして近づいてくるんですよね。

ペンと紙ではなく、実際にペーストで体に描くことまでやってみると、より一段とそのモチーフがしっくりくると実感しました。

ぜひ、蝶のご注文を!(TARA色の強い蝶になりますが・・・)

この日の模様は、マエダさんmitoさんのブログにも書かれています。
それぞれの視点から見た「苦手を克服する会」、おもしろいです。
[PR]
by henna-art-tara | 2013-11-05 22:10 | 日常のこと・インドのこと | Comments(0)

石老山

休みの日はふらりと山に出かけることが多い私です。この間は神奈川県の石老山に登ってきました。

中央線の相模湖駅からバスと徒歩で30分強で、山の入り口に行けます。
登山というより日帰りハイキングくらいの感じで行けますよ。

d0223445_1183128.jpg
名前の通り、山道にはいたるところに岩がごろごろ。巨岩あちこちにどっかりと。
あちこちの岩に信仰的ないわれがあるそうです。


d0223445_11155374.jpg
山頂。
平日だったからか、私一人きりでこの景色を満喫。富士山も見えました。
1時間くらいゆっくりしていたと思いますが、日が傾むいてきたころに、彩雲が見えました!
d0223445_11171210.jpg

あまりの美しさに、下山したくなくなってしまいました・・・

と、そこへ、一人の年配の男性が。
数十年前に近所に移住してきたそうで、石老山に登るのは700回以上だとか・・・
その方によると、11月に入ると夕日が富士山の丁度真上に沈む「ダイヤモンド富士」が見えるそうで、
夕暮れの時間は山頂が人でいっぱいになるそうです。

「山が好きならこの辺に住むといいよ」と。
石老山周辺の登山スポットをいろいろ教えてくれたりして、男性は帰っていかれました。

ここに泊まりたい・・・と思いつつも、暗くなる前に私も下山。

山に癒され、最後にはちょっとほっこりして、東京に帰ったのでした。
もうすぐ紅葉がきれいな季節がやってきますね。今度はどこに行こうかな。
d0223445_11184719.jpg





------------------------------------------------------------------------------

Mehndi TARAホームページ、facebookページではイベント情報を随時更新しています。
ぜひこちらもご覧ください☆


HP>>
http://www.mehndi-tara.com/
https://www.facebook.com/mehnditara.jp

facebookページ>>
http://www.facebook.com/mehnditara.jp
[PR]
by henna-art-tara | 2013-10-23 18:52 | 日常のこと・インドのこと | Comments(0)

ニシオアキさんのお店へ

ナマステインディアから一週間、今年一番の大きいイベントで今ようやく脳内が日常に戻ってきた感覚です。

そのナマステインディアの翌日は、前からずっと行きたかった、メヘンディアーティスト「ニシオアキ」さんのお店にお邪魔してきました!
>>maxi-mieux

ナマステ~に一緒に出店していたAZUちゃんと、友達のとびちゃんと共に西鎌倉駅に降り立ち歩くこと5分。
お店はフランス料理店なのですが、予約をすればこちらでメヘンディを描いていただけます。

笑顔いっぱい元気なニシオさんがお出迎えしてくださいました!
お店のあちこちにニシオさんが描かれたメヘンディのデザインで溢れていました~
d0223445_166217.jpg


スープやお魚のお料理を頂いたのですが、ほんとうに美味しくて・・・
魚にかかっていたグレープフルーツと生姜のソースは未知との遭遇。
そして、おたのしみのデザート・・・
ニシオさんが運んできてくれたお皿を見て、もう感激!
d0223445_21312535.jpg

ああ!このデザインは私のだ・・・!「メヘンディデザイン帖」の、どこのデザインだかおわかりでしょうか~??

そして他の二人のお皿にもチョコラート☆
d0223445_21361499.jpg

d0223445_16141030.jpg


それぞれのアーティストのニュアンスを、本人が描いたのかと思うほどに再現してくれたニシオさんの腕に、感動しまくっていた3人なのでした~
描いてくださったその心にも感激です。

今回はお料理のみだったのですが、いつかメヘンディも描いていただきたい・・・!

メヘンディが繋げてくれたたくさんの出会い。
うれしくてうれしくて。感謝な日々が続いています。
[PR]
by henna-art-tara | 2013-10-06 16:23 | 日常のこと・インドのこと | Comments(2)

夕焼け

夕方、時間が合うときは、空が広く見える場所に夕日を眺めに行きます。
これは私の高校生のときからの習慣なんですが、その頃から空の写真を撮り続けています。
私のアルバムには、若き日のはじけた写真と、きれいな空の写真が混在しています・笑

この間の空がすごく綺麗だったのでこちらでも公開。

d0223445_23392758.jpg


つる植物の絡まった樹とか、空のこのグラデーションと、空の色が映りこむ川面とか、この組み合わせ、
最高に好きですよ。

本当は毎日、こんなことができる生活がしたいですが。
都会で暮らしているとなかなかできませんね。だからこそ、さらに愛おしく思えるのかもしれません。

さて、今日はこれから夕暮れに出会えそう。
どこに眺めに行こうかな。
[PR]
by henna-art-tara | 2013-09-13 17:13 | 日常のこと・インドのこと | Comments(2)