「ほっ」と。キャンペーン


Mehndi TARAは、2014年に東京を離れ、現在は関西地方で活動しています。


by henna-art-tara

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
メニュー
施術場所
イベント出店
料金
ギャラリー
プロフィール
ご予約・お問い合わせ
注意事項
Mehndi TARA ホームページ
メヘンディについて
より楽しむために
書籍・リンク
日常・インドのこと
お知らせ

外部サイト

メヘンディ タラ ホームページ
メヘンディ画像やイベント予定、メヘンディに関する情報などをまとめてご覧いただけます。

facebookページ
Mehndi TARAの最新情報を随時更新。メヘンディ画像やイベント予定をブログより早めにお知らせしています。

Twitter
サイト更新のお知らせや日々のつぶやきなど。


メヘンディ【ハート*フール】
名古屋市を中心に活動されているメヘンディアーティスト、スズケーさんのサイト。美しいメヘンディの画像集は圧巻。メヘンディに関する解説も充実しています。


The Henna Page
Catherine Cartwright-Jones さん主催のアメリカのヘナタトゥーサイト。無料でダウンロードできるデザイン集や書籍が豊富です。

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像を無断で使用することを禁じます。(C)Mehndi TARA since 2010-2015 All rights reserved.

最新の記事

今後の最新情報はFacebo..
at 2015-07-19 12:03
【tara自宅にて施術可能に..
at 2015-06-29 18:13
ジャグアタトゥーをメニューに..
at 2015-06-29 12:07

以前の記事

2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月

最新のコメント

ちかっぺ、またどこかでカ..
by henna-art-tara at 21:17
TARAちゃんカレー食べ..
by ちかッぺ at 17:04
返信遅くなりすみません!..
by henna-art-tara at 23:48

タグ

(269)
(246)
(51)
(47)
(20)
(12)
(11)
(7)
(7)
(6)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アート・デザイン
スピリチュアル

画像一覧

カテゴリ:より楽しむために( 3 )

ペイント前後のお手入れ(改定版)

だいぶ春めいてきましたね。私は花粉症なので、最近は自分のくしゃみで目が覚めてしまいます。春の訪れはうれしいのですが、花粉症でなければもっと素直に喜べるのに…涙涙涙くしゃみ。

とはいえ、まだ寒い日が続いていますね。寒い時期はメヘンディの発色が夏に比べるとずっと薄くなります。

そこで、もう真冬は過ぎてしまったのですが…メヘンディをできるだけ濃く染める・長持ちさせる方法をまとめました。
だいぶ前にも同じような記事 を書いたのですが、簡潔に再度書きました。

メヘンディをする前に必ずしなければいけないことは無いのですが、特に冬場はやるのとやらないのとでは結果が少し違ってきますので、よかったら試してみてくださいね!

ヘナで染まるのは肌の角質層の部分です。できるだけ角質層の奥深くまで染色に関わる成分を届けるようにすることで濃く染まります。要は、化粧水や美容液を肌の奥まで浸透させるのと同じ事をすればOKです。

----------------------------------------------------------


ペイント前のお手入れ

①むだ毛を処理しておく

うぶ毛程度なら問題ないのですが、むだ毛が染色成分を吸ってしまうだけでなく、肌にペーストが密着しにくくなります。
できるだけむだ毛を処理しておくことをお勧めします。

 
②余分な角質を落としておく

入浴時などに意識的にタオルでこすったり、ピーリングジェル(おすすめ!薬局で購入可)でお手入れをすると濃く染まるだけでなく、色が均等にキレイに入ります。また一番新しい角質を染めることができるので長持ちします。

 
③肌を綺麗に洗い、保湿する
肌の表面の余分な皮脂や汚れを落として、まっさらな状態にします。保湿は、オイルや乳液は肌に膜をはってしまうのでさらりとした(でも保湿力の強い)化粧水などを使います。肌の水分が染色成分を角質層の奥深くまで運んでくれます。ペイント直前にも保湿するとさらに効果的です。※当方が化粧水を持参します。

④描く部分や体全体を温めておく

体や肌が温まることで細胞が広がり染色成分が浸透しやすくなります。また、気温・体温が高いほど成分の発色作用が強まります。夏場は冷房で体を冷やさないようにします。寒い季節は、暖かいものを飲んだりして体の中から温めるのも効果的です。また、ペーストがすぐ乾燥してしまうと浸透が止まってしまうため、適度な湿度も大切です。


ペイント後にすること

①できるだけ長くペーストを乗せておく

2時間おけば染まりますが、6時間程おくとより濃く染まります。その間、できるだけペーストが乾燥しすぎないようにテーピングテープで保護したり、たまに化粧水でパッティングすると効果的です(滲まないよう注意してください)

※テープは当方がご用意します。

※ テーピングは、夏場は中で蒸れてしまうので使わないほうが無難です。



②描いた部分や体全体を温める
体が冷えると発色作用が弱まってしまうので、暖かい環境を維持しましょう。

----------------------------------------------------------

これらのことは、メヘンディを始めたころからの自分への実験やお客さんや他のアーティストさんから聞いたことなどに基づいています。染まり具合や消え方には個人差がありますが、基本的には以上のことを試してみるとよいと思いますー。

ホームページにもまとめを作りましたので、参考にしてくださいね>>こちら です。

[PR]
by henna-art-tara | 2014-03-05 16:32 | メヘンディをより楽しむために | Comments(0)

~濃く染める・長持ちさせる方法~描く前と描いた後のケア

※2015.6.29.改定

どんなに質のいいヘナパウダーを使っても、特に寒い季節は、染まり具合が夏とは全く違ってきます。
化学染料を含んだものは濃く染まりますが、安全上おすすめできません。

濃く染まるかどうかは他にも様々な条件によって左右されます。

描く体の部位(こちらを参照してください)や、肌の状態、体調、環境、気温、アフターケア等・・・

同じ人に同じような条件下で描いても、必ずしも毎回、同じ結果が得られるわけではないです。

中には、元々染まりにくい体質の方もいらっしゃいます。
(冷え性とか、肌の質、皮膚の厚さ、生活習慣、飲んでいる薬などが関係している説あり)

そこで、メヘンディをより濃く染めて長持ちできるようになるための方法をホームページに簡潔にまとめました。
>>ペイント前後のケア

描く前と描いた後にする対策なので、ぜひ試してみてくださいね。


ここに書いてあるのは、日本や海外のサイトから得た情報を元に自分で試した結果だったり、他のアーティストさんやお客さんから見聞きして実感したことばかりです。

より多くの方に、コツや注意点をもっと知っていただけたらと思います。

以下は、2011年11月18日に書いた部分です。
ホームページより少し詳しく書いてあるので、よかったらどうぞ。

-----------------------------------------------------------------------


まず、私が一番効果的だと思うことは、この3点です。


①できるだけ長い間、ペーストを肌に乗せたままにする
(最低3時間~長くて8時間くらい)

<理由>
色素となる成分を肌にできるだけ多く浸透させるためです。

ペーストを肌に密着させるために、インドの伝統ではレモン汁に砂糖を混ぜたものを塗布します。
最近では「ヴィックス(スースーするアレ)」を塗ることもあるそうです!(知り合いのアーティストの方談)

レモン汁はやってみたことがあるのですが、かなりべたついて不快なのと、私のように敏感肌の方は刺激を感じることもありますので、やらないほうが無難です。




②その間、描いた部分やからだ全体を暖める&適度な湿気が必要(重要!)

<理由>
ヘナの染色成分は、温度が高いほどよく作用します。
また、体を温めることで皮膚の細胞が開き、染色成分が肌の角質層のより深くへと浸透します。
また、ペーストが完全に乾いてしまうと、染色成分の肌への浸透が止まってしまうので、できるだけ長い時間、湿り気を保つのも効果的です。

暖め効果や保湿は、フェイスパックやヘアトリートメントでもそうですよね。

こうして、何層もの角質層を染めることで、結果、濃く見えるというわけです。


夏なら特に何もしなくても濃く染まるのですが、秋~冬は何もしないとがくんと染まりが薄くなります。
そもそも、ヘナは体を冷やす作用がとても強いので、冬は温まらずにはいられないかもしれません。

冬なら暖かいものを飲んだり、ストーブやヒーター、鍋の湯気にあてたりしてみてください。
カイロでもいいですが、低温やけどにはくれぐれも注意を!

ストーブ等を使う場合、ペーストが早く乾燥してしまいます。乾燥させすぎると、染色成分の肌への浸透が止まってしまうので、霧吹きなどで潤いを与えると良いですよ(垂れない程度に)。

あと、お酒は体を温めますが、飲んだら描いた部分が痒くなってかぶれた・・・という方がよくいらっしゃいます。理由はわからないんですが・・・お酒はほどほどにしておくのがいいかもしれません。





②ペーストを剥がしてすぐは、水に濡らさない(重要!)

<理由>
剥がした直後は、絵柄は薄いオレンジ色です。
これはまだ色素が定着していない証拠!水で濡らすと色素が流れ出てしまいます。

時間が経つと、空気に触れることによって酸化が進み、色が茶色く、濃く変化します。
これが肌にシッカリ色素が定着した状態!
肌細胞と色素が強く結合している証拠です。

できれば、茶色くなるまで水に濡らさないのがベストなのですが・・・
それには24時間~48時間もかかるんですよね・・・・・・

まだ色が薄いうちに湯船に浸かってしまうと、かなーーり色が流れ出てしまいます・・・(ガッカリ経験済み)。
なので、湯船から外に出せる所に描いた時は、そこだけ出して入浴しています。
もしくは、絵柄の部分に水をはじくオイル(サラダ油でOK。ワセリンが一番お勧め!)などを塗って保護し、シャワー程度にとどめるようにしています。(それでも全く水に濡らさないよりは、薄くなります)


-----------------------------------------------------------



この他にも、やってみると少しですが効果が上がるコトは、以下の5点。

忙しい日常そこまで気を遣っていられない!
というのは単に私が面倒くさがりのせいかもしれません(^^;)実際、やれるときしかやっていません・・・
なので、できたらでいいので、ヘナタトゥーとの出会いの前日に「楽しむ気持ちで」やってみてもいいかと。




☆~描く前日に~☆


①無駄毛を剃っておく(産毛程度なら問題なし)

<理由>
毛がヘナの成分を吸ってしまうのでないほうがいいです。
あと、毛がないほうが断然、私が描きやすいです!
乾き始めたペーストが、毛の弾力で「ピョン」と浮き上がってしまうこともよくあります。
とはいえ、体毛の濃い男性にお描きしたことは何度もありますし、ちゃんと染まってましたので、できたらで。



②入浴時などに、描く部分を意識的にタオルなどでこする

<理由>
ヘナタトゥーは皮膚の角質層を染めることで絵柄ができあがります。
古い角質層はすぐに剥がれてしまうので、一番新しい角質層を表面に出しておくことで、若干、ヘナタトゥーを長持ちさせることができます。


↑ この二点は、当日にやってしまうと肌が敏感になっている可能性があるので前日にしてください。
また、かみそり負けやこすりすぎは肌を痛めてしまうので、ほどほどにしてくださいね。

※かかとは体の中で一番角質層の厚い部分なので、軽石やヘチマでこすってもOK。



③そのあと、肌に何もつけない

<理由>
特にべとつきのあるオイルや乳液は、ヘナの成分が肌に浸透するのを妨げてしまうので、
何もつけないほうがいいです。
どうしても乾燥してしまったりする場合は、サラっとしたオイルや化粧水で。



☆~描く直前と描いた後~☆


①描く前に---描く部分を洗う・キレイにする

<理由>
肌に余分な皮脂や成分が乗っていると、染色成分が浸透するのを妨げてしまいます。
特に、べたつきのあるオイルなどがついていると、ヘナを弾いてしまいます。

※しっとり汗をかいているだけなら、むしろそのままでOK!汗が媒介剤になって肌に成分を届けてくれます。


②描いた後---色素が定着した後も、なるべく水に濡らさない&こすらないことで長持ちします。

<理由>
ヘナタトゥーは皮膚の角質層を染めることで出来ているので、
この角質を落とさないようにするのがポイントです。

入浴毎に、水をはじくオイルを塗って保護する&こすらないでいると長持ちしますよ。
逆に早く落としたい場合は、角質を剥がすように意識してこすれば、消えるのが早くなります。

あるアーティストの方から聞いたのですが、化粧品売り場の「酵素入り洗顔料」を使うと、
若干、早く消せるそうです。




----------------------------------------------------------------------


以上が、今私がお伝えできる、「メヘンディを濃く染める・長持ちさせる」ポイントです。
いつか必ず消えるものですが、せっかくやったのなら長く楽しみたいですよね☆



------でも中には、こう仰ったお客さんもいらっしゃいました。

「特に絵柄を保護したりせず、消えゆくままに、自然に任せる」

それも素敵な発想だなあと思いました。
ヘナを体に施すことで、自分の体のサイクルが見えるわけです。
実は私も、気分次第ですが、
長持ちさせることより、自然に任せ特に何もケアしない、ということも多いですね~

ヘナと体の関係を観察してみたり、季節を感じてみたり。
そういった楽しみ方もいいなあ~と思います。

北アフリカの伝統では、女性の月のサイクルに合わせてヘナを施していた習慣があったようですし、
そういった、ヘナと体の神秘を感じることを楽しむのも、一つだと思います。
[PR]
by henna-art-tara | 2011-11-18 22:11 | メヘンディをより楽しむために | Comments(2)

ペイント前の肌のお手入れ

メヘンディをちょっと長持ちさせる方法を一つ、ご紹介したいと思います。

それは、描く前に描くところの肌のコンディションを整えておくこと、です。

私の使っているヘナペーストは、化学成分を含んでいないので、それで劇的に!変るわけではないんですが、やはりちょっとは違います。
あと、ここにヘナ描くんだっていう、なんというか、楽しみな時間が増える感じがします(笑)

なので、もし余裕があったら、試してみてくださいね!

で、肌を整えておく・・・その理由と方法ですが、ヘナが肌を染める仕組みを知ってみると、なるほど~なことなんですよ~

その仕組みをかなりですが簡単に説明すると・・・

肌に色がつくのは、ヘナに含まれる「ローソン」という成分が色素を持っていて、
これが皮膚の角質層のタンパク質と結びついて色が出ます。
絵が徐々に消えていくのは、染まった部分の角質が古くなって剥がれ落ちていくからなんです~

なので描く前に古い角質を落として、新しい角質層を一番上にもってきてやると、やらないときと比べて実際ちょっとだけ絵が長持ちするんですよ。

私は、お風呂などで描く部分を意識的にコシコシこすってます。
中にはヘチマなどを使うやり方もありますが、こすりすぎには注意を!

あと、体の毛。
毛がヘナの成分を吸ってしまったり、描くときも毛がないほうが描きやすいので、ついでに剃っておくとなおよいです。

そして、その後は十分な保湿をお忘れなく!

こうして、新しい角質のしっとり滑らかな肌を作ればベストです!

そういえば、すごく綺麗なもちもち肌の方に描いた時は、ホント綺麗に濃く染まり、長持ちしました~

d0223445_1952434.jpg

[PR]
by henna-art-tara | 2011-07-31 20:25 | メヘンディをより楽しむために | Comments(0)